鼻の黒ずみを除去する方法を厳選!ニキビ肌のあなたは大丈夫?

鼻の黒ずみの除去について効果的な方法をお伝えしています。

タイプ別に見合った黒ずみ除去方法を解説していますので、鼻の黒ずみを効率よく除去していくためにあなたに合ったスキンケアを見つけられるでしょう。

話題にされているスキンケアについて、何ら効果が得られずお肌のダメージになるものについては専門家の立場から「NG」と言いますので、この記事を読むことでダメな方法に時間をかけずに済みます。

執筆者:美容家 雨宮悠天

鼻の黒ずみをタイプ分けしてそれぞれに合った除去方法を

「鼻の黒ずみ」と一言で言っても実はタイプがあり、それぞれ原因が異なれば除去する方法も違ってきます。

鼻の毛穴を鏡で見てみるとどうでしょうか?

まずはどのような状態かをタイプ分けすることにより、それに合った除去方法を実践しましょう。

鼻の黒ずみは以下のとおり3つのタイプにわけることができます。

鼻の黒ずみのタイプ分けとスキンケアのワンポイント

  • 角栓タイプ
    皮脂と角質が混ざり合った角栓が酸化することによって黒ずんで見える。
    スキンケアワンポイント:洗顔と保湿ケアとターンオーバー促進により黒ずみを除去 
  • ゆるみ毛穴タイプ
    皮脂が酸化して周りの毛穴を溶かし影ができることで、毛穴が黒くなって見える。
    (この現象を角化異常と呼んでいるサイトがありますが、それらは考え方に誤りがありますのでご注意を)
    スキンケアワンポイント:抗酸化とゆるみ防止のケアで黒ずみを徐々に除去 
  • 色素沈着タイプ
    前二者との明らかな違いは色素沈着。メラニンの過剰で黒ずみ=シミがつくられる。
    スキンケアワンポイント:美白成分で黒ずみを除去

それではそれぞれの鼻の黒ずみのタイプに合った除去方法を解説します。

ここではいつもながら「毒にも薬にもならないスキンケア」については躊躇なくNGと言います。

角栓タイプ:洗顔と保湿ケアとターンオーバーにより除去

角栓はタンパク質でできた角質7割と、皮脂3割によってできています※1。

角栓がつくられる一因に、アクネ菌の繁殖によって皮脂が遊離脂肪酸へと分解されることが考えられます。

遊離脂肪酸は毛穴周辺の角質を溶かすことで角栓を形成しやすい性質があり、角栓が形成されて酸化すると黒ずんで見えるのです※2。


医師による角栓の摘出術 出典:Youtube

角栓ができた毛穴の内壁は角化異常と乾燥が進んでおり、毛穴周辺の細胞がとても固くなっています(角質硬化)。

このため、角栓タイプの鼻の黒ずみの除去は以下のとおり角質硬化と乾燥に対するアプローチを組み合わせると効果的です。

角栓タイプの鼻の黒ずみの除去方法を口コミ

以下は角栓タイプの鼻の黒ずみを除去するために効果的なスキンケアと具体的なケアアイテムを口コミします。

①基本は弾力のある洗顔石鹸の泡で角質と皮脂を除去する

洗顔石鹸を泡立てるのが苦手もしくは面倒だという場合は、泡立てネットを使って泡立ててもOKです。

「手のひらを鼻に触れずに泡を転がすだけ」の洗顔をコンスタントに続けると、効果的に角質を除去できます。

ただし、角質と皮脂の除去効果に優れた洗顔石鹸を使用するように心がけるのがおすすめです。下記をご参考ください。

≫オルビスクリアの皮脂と角質除去効果でお肌がトーンアップするというニキビ肌に思わぬ美肌効果≪

※鼻は皮脂が多い場所ですが、力を入れて洗顔する必要はありません。

 

②十分な保湿で鼻を柔らかく&ターンオーバーを促し、黒ずみを除去

ニキビ肌をはじめとして皮脂が分泌過剰気味なお肌は乾燥が進んで角質肥厚も進んでいるので、鼻の皮膚の保湿ケアを重視するようにします。

また、古くなって硬くなってしまった鼻の皮膚のターンオーバーを促すことが必須です。

これにより角質タイプの鼻の黒ずみの除去には、保湿・ターンオーバー・角栓の酸化を抑制する抗酸化効果のある化粧品を上手に活用するとよいでしょう。

それら3つの効果が揃った化粧品を厳選しておすすめします。

角栓タイプにおすすめの化粧品①:ジッテプラス

以下は化粧品に期待できる効果と商品情報です。

  • 保湿:水分保持力が高いコラーゲンやヒアルロン酸
  • ターンオーバーを促す:プラセンタ
  • 角栓の酸化を抑制する:グリチルリチン酸2K

    ジッテプラス商品価格:980円
    初回限定・定期コース適用の場合
    90日の返金保証あり 

    【↓↓ジッテプラス公式サイト】

 

③クレイパックで皮脂を吸着させ、肌の代謝を促すことで黒ずみを除去

皮脂が分泌過剰気味な鼻に、おすすめできる稀少なパックがクレイパックです。

強力に角質や皮脂を根こそぎ取るといったパックとは真逆に効果を発揮するところがポイント。

「クレイ=泥」を鼻の黒ずみに乗せてパックを行うことで、クレイが皮脂を吸着、そしてお肌の代謝を促すことができます。

美容家の私が厳選した「どんな女性にも効果を発揮しやすい医薬部外品のクレイパック」をご紹介します。

角栓タイプにおすすめのパック:ピュアホワイトクレイ

以下はピュアホワイトクレイパックに期待できる効果と商品情報です。

医薬部外品・特許取得商品

    • 薬用成分:グリチルリチン酸ジカリウム(ニキビを悪化させるアクネ菌を抑制します)
    • 美白効果が認められた成分:パラオ白泥抽出成分
    • クレイ:ホワイトクレイ

ピュアホワイトクレイパック商品価格:初回限定4050円 (税込)
最もリーズナブルな定期コース適用の場合
返品は商品不良の場合に限る。

【↓↓ピュアホワイトクレイパック公式サイト】

このクレイパックは医薬部外品だけあり、ニキビのアクネ菌抑制効果も期待できます。

お肌のトーンが明るくなる美白効果も揃っているなど、嬉しいメリットもありますね。

※1水越 興治 年齢による毛穴の目立ちの実態調査Survey Research on Enlarged Pores as a Function of Age
※2角栓を芯とよんだりします。また、脂質が酸化する状態を過酸化脂質と呼びます。

 以上角栓タイプの鼻の黒ずみを除去するスキンケアや、具体的なケアアイテムを口コミしました。

次はゆるみ毛穴タイプの黒ずみ除去について口コミします。

ゆるみ毛穴タイプ:抗酸化とゆるみ防止のケアで黒ずみを徐々に除去

前述した角栓タイプの黒ずみの場合は、アクネ菌が皮脂を分解することでできる遊離脂肪酸が毛穴まわりの角質と皮脂を元に角栓を形成することが原因でした。

ゆるみ毛穴タイプの鼻の黒ずみは、遊離脂肪酸が毛穴まわりを溶かす過剰反応が進み、溶けた穴が陰になって見えることを原因としています。

鼻の毛穴が溶けてしまったわけですから、そんなにすぐに鼻の黒ずみを除去したり改善できたりするわけではありません。

しかし、そのままにしていては鼻の黒ずみが悪化するだけですから、やれることをコンスタントに行って行くしかありません。

鼻のゆるみ毛穴を改善するためには、下記のとおり生活習慣上の見直しと、抗酸化・アンチエイジング効果のある化粧品でスキンケアしていくとよいでしょう。

ゆるみ毛穴タイプの鼻の黒ずみ除去方法

以下はゆるみ毛穴タイプの鼻の黒ずみを除去できるスキンケアと具体的なケアアイテムを口コミします。

① 生活習慣上で活性酸素を出さない工夫

多くの方は活性酸素をご存知だと思います。

ストレスや喫煙、添加物の多い食事や、不規則な生活が原因となって、皮脂が酸化することで鼻の毛穴まわりが溶ける要因となるのですね。

大人の女性に「大人ニキビ」が急増している原因にストレスによる男性ホルモンの増加が挙げられますが※、ストレスは活性酸素を増やし、男性ホルモンは皮脂の分泌を招くので、ニキビ肌にとってストレスは百害あって一利なしの存在なのです。

鼻の黒ずみを予防するためにもストレスはためこまないように解消する工夫をしましょう。

≫男性ホルモンの増加が原因!ストレスが一因になって女性掘るオンバランスが乱れる原因と対策≪

 

② 抗酸化とアンチエイジング効果のある化粧品でスキンケアする

ゆるみ毛穴タイプの黒ずみは以下のように「酸化防止と、たるみ毛穴へ発展する予防」といった2つの効果が期待できるスキンケアが必要です。

  1. 皮脂の酸化で溶けた毛穴をこれ以上悪化させないために抗酸化作用が極めて高いビタミンC誘導体が含有した化粧品を活用する。
  2. ゆるんだ毛穴が悪化、そして皮膚のたるみによってたるみ毛穴へ悪化しないようにアンチエイジング効果の高い化粧品を活用する。

毛穴が溶けた状態ですから、「ゆるみ毛穴タイプの鼻の黒ずみ除去は簡単にできる!」とは言えません。

このためある程度時間がかかるものだと思って上の2つのポイントをコツコツ行ってみて下さい。

必ず相応の結果が出ます。

上の二つの条件を満たす化粧品を厳選しました。

ゆるみ毛穴タイプにおすすめの化粧品:グラングレース

以下はグラングレースに期待できる効果と商品情報です。

  • 抗酸化作用:ビタミンC誘導体配合
  • 最強の保湿効果をもたらす:セラミド配合
  • エイジング効果を発揮する:新型ペプチド配合

グラングレース商品価格情報
初回お試しサイズ40ml

価格2800円 初回限定価格
※初回で定期を選択する必要はありません

【↓↓グラングレース公式HP】

 

色素沈着タイプ:美白成分で黒ずみを除去

色素沈着タイプの黒ずみは、前述した2つのタイプの黒ずみと違ってあまり皮脂が原因にかかわっていません。

メラニンが鼻の皮膚の中で活発化することによって色素沈着が起きるといった一般的なシミのメカニズムと同じです。

鼻は皮脂分泌が多い場所でニキビができやすいので、ニキビ跡にできた色素沈着(茶色のシミ)の場合もあるでしょう。

一般的なシミの場合もニキビ跡にできた色素沈着の場合も、以下のとおり美白成分でメラニンを消していくことが基本です。

色素沈着タイプの鼻の黒ずみの除去方法

①色素沈着が目立つ鼻の黒ずみの場合

色素沈着が強い鼻の黒ずみを除去したい場合には、ハイドロキノンが配合された化粧品を活用します。

ハイドロキノンはお肌の漂白剤とも言われる美白作用の高い成分ですので効率的にシミを消すことができるメリットがありますが、強力なゆえにお肌の弱い方にはあまり向きません。

安定型のハイドロキノンを配合した稀少な美白コスメのトライアルセットがございますので、下記のとおりご紹介します。

色素沈着タイプにおすすめの化粧品:ラグジュアリホワイト

ラグジュアリホワイトトライアルセット価格1980円
トライアルセット内容:お試し5日間

  • ウオッシュジュレ
  • 化粧水
  • 日中美容液
  • 夜用美容液

【↓↓ラグジュアリホワイト公式HP】

 

②薄い色素沈着の鼻の黒ずみの場合

酷いわけではないけれど、うっすらした色素沈着がある鼻の黒ずみを除去したい場合は、ハイドロキノンよりも作用が穏やかで効果も確認されているアルブチン配合の美白コスメがおすすめです。

実はアルブチンはハイドロキノンに糖がくっついた物質で、ハイドロキノン同様にメラニンの生成過程で活性化する「チロシナーゼ」を抑制するメカニズムを持っています。

ここで厳選する美白化粧品はアルブチン配合のオルビス ユーホワイトシリーズ。

乾燥が進む皮脂分泌過剰なお肌の保湿ケアもできる点(※)がおすすめの理由です。
※保湿することでバリア機能を高める

【↓↓オルビス ユー ホワイトシリーズ トライアルセット】

 

以上が鼻の黒ずみを除去する方法と、スキンケアのポイント、そしておすすめできる厳選化粧品でした。
鼻の黒ずみのタイプを見極めて適切なスキンケアができるといいですね。

それでは次に鼻の黒ずみを除去するために「巷で話題にされている鼻の黒ずみ除去ケア」について、
○かバツか?一刀両断します。

いちご鼻にさよならするために、おすすめできないNGケア

鼻の黒ずみのためにたくさんのスキンケアノウハウがテレビやインターネット上で話題にされていますね。

しかし「やってもいいかもしれないけれど、効果はないし、効果を期待しても無駄なんですよね」といったスキンケアもあります(笑)。

鼻の黒ずみでお悩みの人は改善したくてあれこれといい方法を探していると思うのですが、効果がないことを延々と続けているのはあまりに酷ですので、プロの視点からお勧めできないケアをお伝えします。

以下よりおすすめできないスキンケアを専門家の視点で口コミします。

危険度高し!鼻の黒ずみ除去NGケア

  • 市販の角質を根こそぎ取るような強い洗顔料:鼻の角質にダメージを与えます
  • 一般的な刺激の強いパック:同上
  • 市販の安いピーリング剤:角質がボロボロ取れているように見せるための成分が含まれているだけが多い
    ※ピーリングを行うなら確かなものを選びましょう
  • ピンセットによる除去:絶対NG。いいことがありません。

繰り返し行うことでリスクが高まる!鼻の黒ずみ除去NGケア

  • オロナインによるパック:炎症が強いニキビを一時的な処置するにはOKですが、パックとしてはNG
  • 蒸しタオル:繰り返し行うと、余計に乾燥するリスクが高い
  • 重曹パック:マッサージやこするのは絶対NG。重曹を精製水で練り、鼻の上に乗せるだけならOK。
    ※私はお顔の肌に重曹を使うのはあまり賛成できません。

やり方をまちがえると危険。適切なケアはOK!鼻の黒ずみ除去ケア

  • 無理やり押し出す:跡が残るくらい無理やりに潰すのはNG。軽く押し出して角栓が出てくるならOK。
  • オリーブオイルクレンジング:麺棒の先にオリーブオイルを付け、油分で皮脂をクレンジングする方法は悪くはありません。
  • この後に蒸しタオルを使って鼻のケアをおすすめするサイトが多いようですが前述のとおり蒸しタオルはあまりおすすめできません。

蒸しタオルで毛穴を開こうとするよりは、ノーリスクなラップパックの方法がおすすめです。

≫ラップパックは意外に効果的!≪

以上、鼻の黒ずみを除去するためにおすすめできないNGケアを挙げてみました。

やっても効果が期待できないことに時間を費やすことに苦痛を感じない人はいないはずです。

限られた時間で鼻の黒ずみをいかに除去していくかを優先にスキンケアをして行けたらいいですよね。

特に危険度の高いNGケアには気を付けてください。

ゴムのようなパック剤に角栓がつくようなパック剤はまちがっても実践しないように(笑)

それでは鼻の黒ずみを除去する方法がひととおり分かったところで、鼻ならではの原因で黒ずみができていく深層について解説します。

鼻の黒ずみができる原因

黒ずみができる場所によって原因がありますが、鼻の場合は以下のような特徴があります。

  • 鼻は皮脂分泌が多く、角質が溶けて角栓が形成されやすい。
  • 皮脂とメイク剤が混ざり合って毛穴に汚れが残りやすい。
  • お顏で最も高い鼻は、「空気の抵抗を最も受けやすく、角栓の酸化を招きやすい」そして「紫外線を受けやすく色素沈着が起こりやすい。

鼻ならではの要因がいくつか組み合わさっているために、これまで挙げてきたさまざまな黒ずみの除去方法が効果を発揮するのですね。

まとめ:鼻の黒ずみ除去に裏技なし

いかがでしたでしょうか。

鼻の黒ずみ除去対策として裏技はありません。

ある程度の時間をかけてつくられた黒ずみですから、その時間だけ改善に時間がかかるものだと思って取り組むのがおすすめです。

いつもお伝えしていることになりますが、改善の効率を上げてくれるものが化粧品です。

ここでご紹介した効果的なアイテムをうまく活用して鼻の黒ずみが除去できるよう祈っております!

いちご鼻にグッバイ(^_-)

更新日:

Copyright© オルビス クリアでニキビ改善を口コミ・圧倒的評判の真相を全解析 , 2017 AllRights Reserved.