美容・薬学専門家が「オルビスの圧倒的評判を全解析」

オルビス クリアでニキビ改善を口コミ・彼が二度見してくる美肌術

紫根【ニキビ化粧品オルビス クリアの成分ライブラリ】

ニキビ化粧品オルビス クリア全品に配合される紫根(シコニン)の効果を解説しています。

世界が認めた生理前ニキビを改善する真髄が紫根に集約されており、ここではオルビス クリアに配合される成分・シコニンのメカニズムの全貌をわかりやすくお伝えします。

オルビス クリア全品

執筆者:薬学・美容の専門家 雨宮悠天

紫根(シコニン)がなぜ生理前ニキビに効果的だと言われるのか?

紫根は画像のとおりムラサキ科の植物、日本薬局方に収録されている生薬の原料です。後述しますが、紫根は古くから抗炎症や傷を修復するなどの目的で使用されてきました。

ごく最近になってオルビスの若手女性研究員の功績により、紫根に含まれるシコニンが生理前に低下するバリア機能を回復させる効果が発見され、生理前ニキビを効果的に改善する事が分かったのです※。

出典:オルビス

生理前はプロゲステロンが増加し、プロゲステロンが皮脂腺を刺激して過剰な皮脂分泌を招く「ニキビを悪化させる時期」として知られています。

生理前ニキビが大人の女性に発症しやすい理由は、分泌過剰気味な皮脂の問題以前に「プロゲステロンが原因でバリア機能が低下する」といった点にあり、アクネ菌からお肌を守るバリア機能を回復する方が生理前ニキビの根本的な改善になるとしてこの研究がすすめられたのだと推測されます。

出典:オルビス

※ 化粧品のオリンピック・国際的な薬学学会ISFCCでオルビス研究員後藤悠氏が最優秀賞を受賞

紫根(シコニン)の効果

↑↑画像:筆者が紫根で作成した軟膏
(冬のかさつき防止目的として)

紫根の一般的な効果は以下のとおりです。

  • 抗炎症
  • 創傷の治癒(あかぎれなどの予防・治療)
  • 殺菌

日本薬局方では口内炎に使用、口内の殺菌と炎症抑制、そして傷の治癒に適用するとされています。

上の画像のとおり、皮膚のあかぎれやかさつきを治すとして軟膏にして使用されることもあります。
※筆者は紫根を煮出し、動物性脂肪で軟膏を作成していました。

オルビス クリアでは、炎症を鎮め、アクネ菌を滅失させ、ニキビの傷を治すといった一般的な紫根の活用法に留まらず、「生理前にプロゲステロンの影響で低下するバリア機能」を回復させる目的で紫根が配合されている点を特筆すべきでしょう。

生理前ニキビのそもそもの原因

生理周期

ニキビの口コミ
生理前になるとニキビがいつも繰り返すように出る

と自覚する女性は7割にもおよびます※。

しかしこれと言って具体策なく従来までの抗菌成分が配合されたシンプルなニキビケア化粧品を使い続けてイマイチ改善されない女性は多いものです。

生理前ニキビのそもそもの原因は皮脂の分泌過剰以前の問題で、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が交互に増減を繰り返すホルモンバランスにあり、皮脂分泌を招くプロゲステロンが優勢に、お肌に潤いをもたらすエストロゲンが弱まると、生理前ニキビが発症しやすいのです。

プロゲステロンは下のとおり、お肌のバリア機能の中核となる抗菌ペプチドhBDを減少させるように働くので、プロゲステロンが増える生理前はバリア機能が低下するのです。

また、現代女性につきもののストレスは神経を高めて男性ホルモンを優位にさせます。また、ストレス位対処するストレスホルモンは男性ホルモンを刺激するように働きます。

これら二重の意味で男性ホルモンは皮脂腺を刺激し、プロゲステロンよりも過剰な皮脂分泌を招くのです。

ホルモンバランスの乱れとバリア機能の低下、過剰な皮脂分泌、この3つの原因が相まって生理前ニキビを悪化させていきます。

生理前ニキビが繰り返しできる厄介な原因

生理前ニキビが繰り返しできる厄介な原因があります。

女性のお顔には毛が生えていない未発達の毛穴がほとんど。毛が生えていたとしてももうぶ毛程度です。

下のとおり毛が生えていない脂腺性毛包は皮脂が分泌される脂腺から毛穴の出口までが長く(毛漏斗が長い)、皮脂が毛穴の中に詰まりやすいようにできています。
また、生理前に繰り返し出やすいと言われる顎は男性ホルモンの受容体が集中しているといった事情があり、ストレス過多になって増加した男性ホルモンが女性の顎の受容体に集まりやすく、結果皮脂が過剰分泌気味になると考えられています。

脂腺性毛包男性の場合は男性ホルモンの影響で女性よりも2.5倍の皮脂の分泌量がありますが、ヒゲがしっかりと生えている分、皮脂も毛穴から排出されやすいのです。

一般的な抗菌成分では生理前ニキビが撲滅できない理由

大人ニキビの症状の中核と言われる生理前ニキビでは、一般的な抗菌成分が作用しにくいと自覚する女性が多いようです。

それもそのはず、上で解説したとおり過剰な皮脂分泌やアクネ菌の繁殖以前に「プロゲステロンの影響でバリア機能が低下し、アクネ菌の侵入を容易にさせている」のがそもそもの生理前ニキビの原因です。

生理前ニキビを根本的に改善したい場合は、プロゲステロンの影響で低下するバリア機能を強化するスキンケアに着目するとよいでしょう。

>>紫根エキス配合ORBISクリアの詳細

 

執筆者:美容と薬学の専門家 雨宮悠天

雨宮悠天プロフィール
ビルクリントン大統領や堀江貴史氏など多くの著名人が登壇する世界的なプレゼンテーションの場tedxにて、連年英語による美容のプレゼンテーションで登壇。医師・製薬会社からセミナー講師のオファーを受け、自身で美容と健康をケアする大切さを伝えている。
自身は顏の中心にできたニキビを潰してホクロのようになり、長い間「見た目に鬱陶しい煩わしさ」を感じてきたため、レーザー治療で除去した苦い経験を持つ。顔の中心からニキビ跡が消えた時「美容は女性の人生を明るく照らす」と実感した経験が、美容家を目指す礎となった。

 

更新日:

Copyright© オルビス クリアでニキビ改善を口コミ・彼が二度見してくる美肌術 , 2017 AllRights Reserved.