美容・薬学の専門家によるリアルなニキビケア情報

オルビス クリアでニキビ改善を口コミ・圧倒的評判の真相を全解析

オルビス クリアとアクアフォース ローションをニキビの肌質で使い分け

 
オルビス クリアとアクアフォース シリーズのローション(化粧水)はいずれもニキビに有効活用できるのをご存知でしたか?

ここでは肌質に合わせてオルビス クリアとアクアフォース シリーズのローション(化粧水)を使い分ける方法を口コミしています。

混合肌から脂性肌になったりと、ゆらぎやすいニキビ肌に適切なニキビケアローションでお手入れすればニキビを早く治し、かつ予防にもなります。

特にニキビの数が減ってようやくニキビ肌から一歩脱出できそう方に、オルビス クリアとアクアフォース シリーズのローション(化粧水)の使い分けがおすすめです。

アクアフォースとクリア化粧水
執筆者:薬学・美容の専門家 雨宮悠天

オルビス クリアと アクアフォース ローション(化粧水)の比較を口コミ

大人の女性のニキビ肌は乾燥したり皮脂が過剰分泌気味になったり、言ってみれば常に変化を繰り返す「ゆらぎのあるお肌」です。ゆらぎを促す原因として、生理周期によるホルモンバランスの乱れが挙げられます。

生理周期

出典:バイエル製薬 生理のミカタを一部改編

エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンが生理周期ごとに増減し合い、うるおいもハリもつやもいい卵胞期がやってきた後は乾燥と皮脂の過剰分泌を感じる黄体期を交互に繰り返すので、肌質の変化はごく自然です。

これによりニキビ肌の状態に合わせて適切に化粧水の特徴を使い分けてスキンケアするのは大変意味があります。

大人ニキビ化粧品として20年超の不動な評価があるオルビス クリア シリーズの愛用者は、肌質に合わせて乾燥肌化粧品のアクア フォース シリーズも使い分けされている方が多いようです。その理由の一つは2つのシリーズとも抗菌成分グリチルリチン酸2Kが配合されており、アクネ菌の抑制効果が期待できるからでしょう。

以下よりオルビス クリアと アクアフォース ローションの併用を検討している方向けに、肌タイプとそれに合ったローションをご紹介します。

オルビス クリアとアクアフォースが合うタイプのニキビ肌

生理周期の影響で肌質がどのように変化するかは人それぞれ。

生理周期ごとに見合ったニキビ化粧品を使いこなせたら、ホルモンバランスの変化によるお肌の変化にも対応でき、生理周期にまつわる不快感も減ります。

以下より、生理周期ごと、また自覚症状としての肌質ごとに、オルビス クリアとアクアフォース ローションを使い分けるポイントをご紹介します。

オルビス クリアとアクアフォース ローションを生理周期ごとに使い分けるポイント

以下の表はオルビス クリアと、アクアフォースを生理周期ごとに使い分けるポイントです。

生理周期・肌タイプ・重視したいニキビケアの3つのポイントに分けています。

3つのポイントのうち全て当てはまらなくても、どれかに該当しそうな場合は、該当したローションをその生理周期に使用してみるのがおすすめです。

 

オルビス クリア

オルビス アクアフォース

生理周期

生理14~10日前から使用

生理中~生理後に使用

肌タイプ

脂性肌または脂性肌寄りの混合肌

乾燥肌または混合肌・軽い敏感肌

重視したい
ニキビケア


予防≪治療

  • 既に出ているニキビを治したい
  • 繰り返し出るニキビのを断ちたい

予防≫治療

  • 乾燥が原因の肌荒れ・ちょっとしたトラブルを改善したい

ニキビに有効な
抗菌成分
と保湿成分

  • 抗菌成分:グリチルリチン酸2K
  • 生理前に低下するバリア機能を強化する紫根
  • 保湿成分:コラーゲントリペプチドF、ヨクイニン

抗菌成分:グリチルリチン酸2K
保湿成分:糖脂質、褐藻エキス

糖脂質は人の肌に近い脂質で、水分に良くなじみ、浸透性が高い。角層の中に存在する細胞間脂質と似ている。

化粧品の
タイプ

薬用ニキビ化粧品としての位置付け


乾燥肌化粧品としての位置付け
抗菌成分は配合されているものの、薬用化粧品ではない。

上の表に示しているのは飽くまで目安ですが、生理周期ごとにローションを使い分ける際に参考にして頂けると思います。

さらに、オルビス クリアとアクアフォース ローションは、肌質や使い心地のお好みにより、さっぱりタイプとしっとりタイプの2種が用意されているので、上の使い分けでさらに自分好みのスキンケアができるでしょう。

春夏はさっぱりタイプ、乾燥しがちな秋冬はしっとりタイプを選ぶなと季節によって選ぶとなおスキンケアが向上しますね。

≫生理周期によるニキビケアについての集中対策編に関してはこちら≪

オルビス クリアとアクアフォース ローションを肌質で使い分けるポイント

ほとんどの女性は「乾燥肌・脂性肌・混合肌・敏感肌」などの自覚を持っており、自覚している肌質で化粧品を選ぶ方は多いでしょう。

肌質

出典:オルビス

以下の表では肌質によってオルビスクリアとアクアフォースを使い分けるポイントを挙げています。

 

オルビス クリア

オルビス アクアフォース

肌タイプ

脂性肌または脂性肌寄りの混合肌

乾燥肌または混合肌・軽い敏感肌

乾燥防止の
保湿成分

  • コラーゲントリペプチドF
  • ヨクイニン
  • 糖脂質
  • 褐藻エキス
敏感肌改善の
バリア機能
強化成分

 
ハナビラタケ
:タイトジャンクションの強化

  • 角層の水分量を調節
  • 最強の保湿成分セラミドを合成
  • 角層内のpHを調整
  • コラーゲンの整合性に関与
    タイトジャンクション出典:doctor's organic


糖脂質
:うるおいマグネットAQ

角層の部分的な乾燥が発生している箇所に集中してうるおい成分を送り届ける特殊な性質を持つうるおい成分が角層を満たし、アクネ菌や紫外線など外の刺激を緩和する。クリア ローションのような明確なバリア機能強化の成分が配合されているわけではないが、アクアフォースの保湿成分も広い意味で良質なバリア機能に該当。

うるおいマグネットAQ

出典:オルビス

重視したい
ニキビケア


予防≪治療

常に絶えないニキビを改善したい


予防≫治療

乾燥が原因の肌荒れを改善したい

ニキビの度合い

  • 生理前ニキビができるのが当たり前
  • 大量にニキビが出る場合もある
  • 小さなニキビがごくたまにできる
  • 炎症はそれほどひどくない(白ニキビ程度)

生理周期の影響

受けやすい

それほど大きく受けない

以上が自覚の肌質でオルビス クリアとアクアフォース ローションを使い分けるポイントです。

前述のとおり2種のローションにはそれぞれさっぱりタイプとしっとりタイプがございますので、ここでもやはり使用感やテクスチャのお好みで使い分けるのがよいでしょう。

それでは生理周期と肌質によってオルビス クリアとアクアフォース ローションを使い分けるポイントをお伝えしましたので、筆者自身がそれぞれを使用してみた使用感や効果を口コミします。

オルビス クリアとアクアフォース ローションの使用感

さっそくオルビス クリアとアクアフォース ローションの使い心地を口コミします。

オルビス クリア化粧水の使い心地

オルビス クリア化粧水

  • さらさらして、浸透性がよい
  • 保湿成分の密着感を感じる触り心地:しばらく経つと肌表面がツルツルに
  • べたつきが全く無し

オルビス アクアフォース化粧水の使い心地

オルビス アクアフォース化粧水

  • 肌に浸透すると想像以上にもっちり肌になる
  • 肌表面がマイルドになる:しっとりした触り心地
  • しかしべたつき無し

オルビス クリアとアクアフォース ローションの使用感は、お肌に浸透した後のお肌の触り心地に違いがあると思います。
※使用感ですので個人的な感想です。

■さっぱり感:すべすべ■

クリア>>アクアフォース


■マイルド:塗布後しばらくしてからの潤い■

クリア<<アクアフォース

それでは次にオルビス クリアとアクアフォース ローションの効果を画像付きで口コミします。

オルビス クリアとアクアフォース ローションの効果

乾燥が進むと皮脂の過剰分泌を招き、ニキビの原因になりますので、ニキビケアの化粧水を選ぶ際には「化粧水の浸透性の良さ」と「保湿の持続性」がカギになるんですね。

以下の口コミは浸透性と保湿の持続性に関してオルビス クリアとアクアフォース ローションのテストを行った模様です。

浸透性

オルビス クリア ローションの口コミのページでは、クリア化粧水と他社化粧水の浸透性の比較をしていました。

>>オルビス クリア化粧水の浸透性や保湿力の口コミ<< 

こちらでは市販のフェイスマスクを使用してアクアフォースとの浸透性について下記のとおり比較した模様をご覧いただけます。

オルビス ローションの浸透性テスト

↓使用するのは固形状のフェイスマスク↓
フェイスマスク

↓それぞれのフェイスマスクに赤インクをつけ、
オルビスクリアとアクアフォース化粧水を同じ量だけ垂らす↓
フェイスマスクに化粧水を付ける

↓クリア化粧水はよく浸透し、インクがまばらになりました↓
クリア化粧水浸透後

↓アクアフォース化粧水もよく浸透し、
全体的にインクがにじんでいます。↓
アクアフォース化粧水浸透後

アクアフォースはクリア化粧水より
若干インクのかたまりがあるように見えます。
=浸透性はクリアが若干上

フェイスマスクに付けたインクが全体に均一に広がったのはクリアの方でした。

インクをフェイスマスク全体に浸透させるならば、有効成分をお肌の角層全体に送り届ける目安になるでしょう。

お肌とフェイスマスクはもちろん違いはありますけれどね。

このテストから言えることは…

オルビス ローションの浸透性の良さ

クリア>アクアフォース

クリアもアクアフォースもほぼ浸透性については互角なのではないかと思いますが、前述した使用感からもクリアの浸透性の良さの実感の印象が強く、強いて言えば浸透性はクリアの方が上なのではないか?といった程度でしょう。

それでは次にオルビス クリアとアクアフォース ローションの保湿力の持続性を口コミします。

保湿の持続性

以下はオルビス クリア とアクアフォース ローションの保湿力持続テストの模様です。

オルビス クリア ローション使用前後の様子

オルビス クリア 化粧水

↓化粧水塗布前↓
クリア化粧水塗布前

肌中の水分率35%:普通肌

↓クリア化粧水塗布3時間後↓
クリア塗布3時間後

肌中の水分率33%:やや乾燥

クリアローションを1度付けした付けた後はスキンケアをしていませんので、3時間後の水分率としてはまずまずなのではないかと思います。

次にオルビス アクアフォース ローションを塗布後、3時間後のお肌の水分率をスキンチェッカーで計測した模様です。

オルビス アクアフォース化粧水用前後の様子

アクアフォース

↓化粧水塗布前↓
アクアフォース塗布前水分率35%:普通肌

↓アクアフォース化粧水塗布後3時間後↓

水分率40%:潤いのある肌に近い普通肌

以上のとおりオルビス クリアとアクアフォースの化粧水について保湿力の持続テストをおこなってみました。

正直これほど保湿の持続性に差が出るとは思ってもみなかったのですが、これはアクアフォースの「うるおいマグネットAQ」によるところが大きいでしょう。
マグネットAQ

出典:オルビス

うるおいマグネットAQは、部分的に乾燥している成分に磁石のように潤いをとどけるオルビス独自の処方。乾燥が進んだ場所に優先的に保湿を行うのですね。※うるおいマグネットAQの中核は糖脂質

オルビス アクアフォースシリーズには糖脂質のほかはうるおい成分としてが配合されており、これが自然な潤いへと導くカギとなっています。

アクアフォースと藻

出典の一部はwikipedia

海藻に含まれるぬるっとしたジェル状の成分は水溶性だけあり人の肌にはきわめてなじみやすい性質をもっているのです。

上のテストから言えることは…

オルビス ローションの保湿力の持続性の良さ

クリア<<アクアフォース

アクアフォースは保湿化粧水ですから当然の結果ですが、ニキビケアの合間の保湿対策としてアクアフォースを使用するのは大変有効ではないかなと思います。コンディションに合わせて乾燥対策が強化できますからね。

これは筆者の個人的な乾燥ですが、オルビスアクアフォースを塗布してしばらくしたときのお肌の状態がしっとり潤い、お顔のどの分を触ってみても均一に潤っている気がします。言葉で言うと限界がありそうですが。

以上がオルビス クリアとアクアフォース ローションの効果を口コミしました。

弾ける水

出典:http://shuffle.genkosha.com by片岡竜一

オルビス クリアとアクアフォース ローションを併用した女性達の口コミ

オルビス クリアとアクアフォース ローションを併用使いした女性達の口コミをご紹介します。

オルビスの口コミ
20代前半女性
アクアフォースのローションはとろみが無いのですーっと浸透します。1度付けしただけで重ね付けした感覚になるから不思議。クリアシリーズは重ね付けして丁度な感じがしてます。アクアフォース ローションはトライアルセットで試しましたが、クリアに引き続き本商品を購入予定です。
オルビスの口コミ
30代後半女性
アクアフォースをずっと使用していました。大人ニキビが悪化した近頃、クリアシリーズを試してみました。 私はオイリー肌寄りの乾燥肌ですが、夏ということもあってクリアローションはさっぱりタイプを使用しました。 まだニキビが激減したわけではないですが、使い心地がもち肌、なのにサラサラして、好印象なので継続予定です。
オルビスの口コミ
20代後半女性
いつもはアクアフォース、お肌のコンディションでクリアローションを選んで使っています。アクアフォースはさまざまな肌悩みに応えてくれるし、手のひらの吸い付きがよいのが気に入ってます。

出典:オルビスの口コミ

まあ、皆さんの使い分けの秀逸っぷり…
これ以上解説が要らないんじゃないかと思います(^_^.)
それでは最後にオルビス クリアとアクアフォース ローションの商品情報です。

オルビス化粧水の商品情報

下記がこちらでご紹介した化粧水の価格など商品情報です。

  • オルビス 薬用化粧水 クリアローション
    180ml 税込1620円:さっぱりタイプとしっとりタイプの2種いずれも

     
    クリア化粧水

 

  • オルビス化粧水 アクアフォースローション
    180ml 税込1620円:さっぱりタイプとしっとりタイプの2種いずれも

     
    アクアフォース化粧水

商品を購入する前に、肌質に合うかどうかを確かめてから本商品を購入するのがおすすめ。

以下ではそれぞれのシリーズのフルラインをお試しできるトライアルセットのご紹介をします。

まとめ:ニキビ対策にオルビスローションを使い分ける・クリアVsアクアフォース

いかがでしたでしょうか、オルビスの化粧水についてニキビへの有効性を検証するためにクリアとアクアフォースの化粧水について口コミしました。今のご自身のお肌にいずれの化粧水が合いそうか、イメージできましたでしょうか?

上でご紹介したオルビス クリアとアクアフォース ローションは、トライアルセットにて肌質に合うかどうかを確かめたのち、本格使用するのがよいでしょう。

【クリア ローションを含む フルラインをトライアルセットで試す】

>>ORBIS【クリアトライアルセット1296円】

クリア化粧水

【クリア ローションを含む フルラインをトライアルセットで試す】

>>ORBIS【アクアフォーストライアルセット1296円】

アクアフォース化粧水

女性のお肌は生理周期ごとに肌質が変化して当然ですから、変化を強いられるニキビ肌を調整するために化粧水で微調整のスキンケアを行うことは大変有用なスキンケアです。両方のトライアルセットを試すのもあり、一方だけのトライアルセットを試し、他は無料のサンプルを取り寄せてみるのもよいでしょう。

大人ニキビが改善されることを祈っております!

更新日:

Copyright© オルビス クリアでニキビ改善を口コミ・圧倒的評判の真相を全解析 , 2017 AllRights Reserved.