美容・薬学専門家が「オルビスの圧倒的評判を全解析」

オルビス クリアでニキビ改善を口コミ・彼が二度見してくる美肌術

オルビスユーは肌荒れに万能「肌悩みに合わせ効果を発揮」を口コミ

オルビスユーシリーズを肌荒れ(ニキビや、キメ・うるおい・バリア機能・なめらかさ・ハリ・透明感を欠いたお肌)を改善する目的で使用予定の方に向け、シリーズ全品をご紹介しています。

エイジングケア化粧品として知られるオルビスユーは、肌荒れに悩む20代から60代の幅広い年齢層の女性に使われています。

ここでは、シリーズ全品に配合されるヒートショックプロテイン(HSP)の効果のほか、各商品をわかりやすく解説、肌荒れの万能成分ヒートショックプロテイン(HSP)がどのようにニキビ肌に作用するのかについてもお伝えします。

執筆者:薬学・美容の専門家 雨宮悠天

ヒートショックプロテイン(HSP)酵母がシリーズ全商品に配合されたオルビスユー

オルビスユーシリーズ

HSPをご存知でしょうか?ヒートショックプロテイン(HSP)と呼ばれる自己回復を促すたんぱく質は、肌荒れを始めとしたさまざまな肌荒れの悩みを解決する万能成分です。

ニキビやシミなど普通は改善したい目的や肌悩みに合わせて化粧品を選ぶものですが、ヒートショックプロテイン(HSP)酵母が配合されたオルビスユーは肌悩みに合わせて効果を発揮します。

ヒートショックプロテイン(HSP)を活用したお肌の変化を画像付きで口コミ

論より証拠。下の画像はヒートショックプロテイン(HSP)が配合された前述の化粧品を4ヶ月使用してシミが消えた模様を画像付きで口コミします。

オルビスユーでシミが改善

なかなかのシミ消し記録ですね。

目の脇にできた「ニキビを潰した色素沈着」に対しオルビスユーによるスキンケアを4ヶ月行ったところ、みごと色素沈着は消えました。ヒートショックプロテイン(HSP)が配合されたオルビスユー以外には、クリアシリーズまたはアクアフォースシリーズを使用した以外、特に特別なスペシャルケアはしていません。

ヒートショックプロテイン(HSP)が配合のオルビスユー何も色素沈着タイプのニキビ跡を消すだけに留まらず。「肌悩みに応じて万能に効果を発揮する」のがHSPの本領です。

それではさっそく以下よりさまざまな肌悩みを解決する万能な機能性をご紹介します。

※私は美容家なのでニキビを潰すのも慣れています(笑)。皆さんは絶対にニキビを無理に潰すのはお避け下さいませ<m(__)m>

ヒートショックプロテイン(HSP)とは

そもそも肌荒れを起こしたり、シミやシワが刻まれたりするのは、紫外線照射などの原因でタンパク質がダメージを負うから。ダメージを負った細胞はタンパク質の形がゆがんだり劣化したりするなどして健常な形ではなくなってしまっている状態です。

お肌はダメージを負うとヒートショックプロテイン(HSP)を増やし、細胞を修復しようとします。

ニキビができて跡になってしまった、または紫外線照射でシミが残るなど傷を負った場合、ヒートショックプロテイン(HSP)が出動してタンパク質を分解、復旧見込みのない細胞は細胞死(アポトーシス)を促すなど、細胞の防衛・保守・復旧・処理にいたる介添え役として働きます。

ヒートショックプロテイン(HSP)が配合された化粧品を活用するメリットは、細胞の防衛・保守・復旧・処理の全てをお任せし、必要に応じてたんぱく質のメンテナンスをしてもらう点にあるのです。

オルビスユーを使用し、肌荒れを改善した女性達の口コミ

「肌悩み・肌荒れの状態に合わせて化粧品が作用してくれる」オルビスユー、使って効果を実感した女性達の口コミをご紹介します。

【実感した効果:ニキビ】

オルビスの口コミ
20代後半女性
ニキビ対策にクリアシリーズをずっと使っていたのですが、年齢を考えてオルビスユー モイストアップローションを使ってみました。 クリアシリーズがとてもニキビ対策に効いていたので、大丈夫かなーって思う反面 トライアルのモイストアップローションは良さを実感してます。
オルビスの口コミ
20代後半女性
他の超高価格なコスメだと赤みが出て使えなくなってしまいました。 オルビスユー モイストアップローションは私のような敏感・乾燥肌でも行けます! 生理前ニキビ対策として、出勤前にクリアシリーズ、就寝前にモイストアップローションと分けてスキンケアしてました。 生理前ニキビもなくなったし、うるおいも満足です。

【実感した効果:毛穴の改善】

オルビスの口コミ
30代後半女性
毛穴がたるんで目立つ、ニキビ、ハリのなさなど肌荒れが続いていましたが、 オルビスユーを使い始めて肌荒れが減ってきました。 この効果でこのお得感、素晴らしい。
オルビスの口コミ
20代後半女性
毛穴が気になり過ぎてアクアフォースからオルビスユーに変えてみました。 手のひらで温めながら入れ込むのですが、モイストアップローションは本当にモッチリ… このモッチリを感じられるのが本当にスキンケのなかで一番好き(笑)

【実感した効果:うるおい・乾燥の改善】

オルビスの口コミ
50代前半女性
乾燥肌用のアクアフォースをずっと愛用してきました。 年も考えてモイストアップローションを使うようになり、かさつきも改善されています。
オルビスの口コミ
30代後半女性
オルビスUアンコールと比べ、オルビスユーシリーズはさらに潤いますね。水分不足で刺激も感じやすい肌でしたが、おかげで肌荒れの悩みが減りました。
オルビスの口コミ
40代後半女性
セラム無しでスキンケアできるのってオルビスユーくらいでしょうね。
オルビスの口コミ
30代前半女性
クリアとアクアフォースを愛用しており、年齢を考えてうるおいケアしようと思いオルビスユーを検討しました。 やや高価な分、うるおいにはとても満足できます。

【実感した効果:アンチエイジング】

オルビスの口コミ
30代後半女性
お肌がしょんぼり元気を失いかけていたのですが、ふっくらと蘇ってきた気がします。 年齢と共に肌荒れ・肌トラブルが増えましたが悩みが減りました。
オルビスの口コミ
40代後半女性
肌トラブルが起こらなくなっています。オルビスユーを使ってハリを感じられるようになって嬉しい。
オルビスの口コミ
40代女性
シミ・しわ・弾力・を改善するために購入しました。 基礎化粧品は渋って使ってはダメですね。オルビスユーは高機能なのにリーズナブルなので長く使えそうで気に入っています。 乾燥が気にならなくなりました。

出典:オルビスの口コミ

さまざまな肌悩みと効果の実感が勢ぞろい、共通するのはうるおいの満足感のようです。

全ての肌悩みはタンパク質の劣化とお話ししましたが、タンパク質の劣化はそもそも乾燥から始まっています。上のように肌荒れを根本改善するには高保湿のスキンケアが欠かせません。

オルビスユーのうるおいを支えているのは、以下に挙げるヒートショックプロテイン(HSP)の効果にあります。

ヒートショックプロテイン(HSP)のさまざまな肌悩みに対するメカニズム

全ての肌悩みはいわば細胞の7割を構成するタンパク質の衰えです。

ヒートショックプロテイン(HSP)は下記のような肌悩み(肌荒れ)に合わせて防衛・保守・復旧・処理に至る一連のメンテナンスを行います。

  • ニキビ跡(凸凹したクレーター、色素沈着、赤みが残るタイプ)
  • 乾燥肌
  • キメが荒い肌
  • ハリを失った肌
  • バリア機能が低下した肌
  • 透明感を失った肌
  • しわが刻まれた肌

ニキビ跡

ヒートショックプロテイン(HSP)には炎症を抑える効果があると言われており、炎症が残るニキビ跡にも炎症真っ最中のニキビ肌にも効果が期待できます。

凹凸のある軽いクレータータイプ…角質が硬化して古くなった細胞・回復見込みのないたんぱく質を分解・処理

色素沈着タイプ…メラニン色素が沈着し、古くなった細胞は新しい細胞との入れ替わりが促される

赤みタイプ…毛細血管が拡張してニキビの修復がすすむ赤みタイプのニキビ跡は、ヒートショックプロテイン(HSP)が修復に加わり、いずれ赤みが引くように働きかけます。

乾燥肌

乾燥肌の肌表面の角質はぽろぽろとがれきの様に脆い状態で、はがれそうな角質から水分が蒸発しっぱなし。乾燥をカバーするように新しい細胞が急ピッチで生まれているので、これらの細胞は未熟児同然。脆い角質層へと水分保持力のない細胞が浮き上がると、またさらにダメージを負って水分が蒸発していきます。

乾燥肌のお肌はうるおいを与えるだけでなく、細胞一つ一つのダメージの修復も必要なのです。

ヒートショックプロテイン(HSP)はダメージを負った乾燥肌の修復にかかわり、水分を抱え込むことができる状態にして乾燥肌をうるおいのあるお肌へと改善していきます。

抗菌成分入りのニキビ化粧品を使っているのにいっこうに改善しないといった場合は、皮脂の分泌過剰を招く乾燥を改善する意味でも、乾燥肌を根本的に修復してくれるHSPに着目するのがよいでしょう。

バリア機能が低下した肌

水分保持力を失ったバリア機能が低下気味のお肌は、乾燥肌への効果でも解説した通り角質がはがれそうなダメージを負ったお肌です。脆い角質はバリア機能が失われているので、アクネ菌や紫外線からのダメージをまともに受け、肌荒れへと悪化していきます。

ヒートショックプロテイン(HSP)は脆く傷ついた細胞の回復を助け、正常な形を整えることで水分保持力が十分な状態にします。この過程を通してバリア機能の復旧も可能になるのです。

キメが荒い肌

キメが荒いお肌は、乾燥肌と同じように水分保持力のない痩せた細胞が肌表面にならび、角質がはがれそうになって触るとざらつきを感じるお肌です。つまりキメが荒いお肌の細胞もダメージを負っているのです。

ヒートショックプロテイン(HSP)は回復見込みのある細胞を修復、水分を抱え込める細胞に変化させたり、使い物にならない細胞は分解してターンオーバーを促します。

ハリを失った肌

コラーゲンは真皮層の中でお肌を支える、「梁」です。コラーゲンは3本のらせん状をしたアミノ酸が連なっており、コラーゲンがもろくなると強固な鎖が崩れやすくなり、お肌のハリ自体も失われるのです。

コラーゲンを配合した化粧品は星の数ほどありますが、肝心の真皮層に届くわけではないので(※1)、自らコラーゲンをつくり出し、既に生成されたコラーゲンの質を高めるなどしてハリを失ったお肌に必要になります。

コラーゲンの質を高めるように見守るのがHSP47。HSP47はコラーゲンの質を高め、ハリを失ったお肌に弾力を再び取り戻します。HSP47はコラーゲンと共に繊維芽細胞で生まれており、コラーゲンの誕生と共に介添えするシャペロン分子(※2)として考えられています。

※1 コラーゲン入りの全ての化粧品が到達できるのは角層まで。コラーゲンが存在する真皮層までは到達しません。多くのコラーゲン入り化粧品は、コラーゲンの水分保持力効果に着目、保湿効果をその配合目的としています。

※2 シャペロンとは中世ヨーロッパで女性が社交界デビューする際に介添えする年上の女性を言う。HSPがシャペロン分子と呼ばれるのは、コラーゲンをはじめとしたタンパク質の誕生から細胞死まで見守る性質から。

透明感を失った肌

透明感を失ったお肌とは水分が失われ、細胞に血液が送り込まれず、さながら酸欠と栄養不足状態です。

ヒートショックプロテイン(HSP)はタンパク質の回復を助けて水分を抱え込める状態にし細胞自体の自活力を促すように働きます。

しわ

シワは笑うなどある表情を繰り返すことで折りたたまれる皮膚へのダメージで、長年履いた靴にできる履きジワのようなものです。折りたたまれた箇所の細胞は形が変形し、正常な細胞の形を留めることができずにいます。

ヒートショックプロテイン(HSP)はシワができた個所の細胞を修復、正常な形として残りえない細胞に関しては分解、細胞死を促すのです。

オルビスユーをトライアルセットでお試しする

■オルビスユートライアルセット

  • ブライトニングジェリーウオッシュ
  • モイストアップローション
  • デイメモリーモイスチャー
  • ナイトメモリーモイスチャー

オルビスユーがどういった化粧品なのかをお伝えしてきましたが、実際に試してみない事には気に入るかどうかわかりません。

特に今どきの女性は使い心地が良くないと継続して化粧品を使用するのもままならない傾向が強いので、一度使用感をお試しされるのがおすすめです。以下のサイトがオルビスユーのトライアルセット詳細となります。気になる方はクリックして確認ください。

>>オルビスユートライアルセット

参考文献:修文大学教授 伊藤要子 ヒートショックプロテインの効き目の秘密

 

執筆者:美容と薬学の専門家 雨宮悠天

雨宮悠天プロフィール
ビルクリントン大統領や堀江貴史氏など多くの著名人が登壇する世界的なプレゼンテーションの場tedxにて、連年英語による美容のプレゼンテーションで登壇。医師・製薬会社からセミナー講師のオファーを受け、自身で美容と健康をケアする大切さを伝えている。
自身は顏の中心にできたニキビを潰してホクロのようになり、長い間「見た目に鬱陶しい煩わしさ」を感じてきたため、レーザー治療で除去した苦い経験を持つ。顔の中心からニキビ跡が消えた時「美容は女性の人生を明るく照らす」と実感した経験が、美容家を目指す礎となった。

更新日:

Copyright© オルビス クリアでニキビ改善を口コミ・彼が二度見してくる美肌術 , 2017 AllRights Reserved.