美容・薬学の専門家によるリアルなニキビケア情報

オルビス クリアでニキビ改善を口コミ・圧倒的評判の真相を全解析

ピルをニキビ対策に飲むのをためらう。太るって本当?

ピルの服用をニキビ対策として検討している女性は「ピルは太る」といった心配をしてしまうでしょう。

ここではピルでニキビを治療する上での副作用およびリスクと、なぜ太ると言われているのか、そして代替えの対策に関して解説しています。

執筆者:薬学・美容の専門家 雨宮悠天

ピルが生理前ニキビにいいって言うけれど、太りやすいらしい。その真相

ピル

低用量ピルで生理前ニキビの治療を検討してみたものの、「ピルを飲むと太りやすいらしい」といった話を聞いてしまい、治療に踏み切れないでいる女性は多いものです。

ピルを服用すると0.1~5%の女性は副作用が出るので、その影響で太りやすくなると言われています。

「1000人の女性がピルを飲んだら1~50人は太る可能性がある」といった確率は多いとも少ないとも言えなさそうですが、実際に耳にするピルを飲んで太ったと言う女性達の体験談は「かなりの確率で太る」といった印象を持ってしまいがちですね。

これでは本当に太りそうで生理前ニキビの治療にピルを飲みしぶってしまいます。

ピルを飲むと太りやすいと言われる原因には、その副作用が大きく影響しています。

ピルで太りやすくなる原因は副作用にある

ピルを服用すると、以下のような副作用が考えられています。

ピルの副作用

  • 太りやすい
  • 吐き気をもよおす
  • だるさ
  • 頭痛
  • 不正出血
  • 乳房の張り
  • 静脈血栓
  • 肝機能障害
  • 心筋梗塞

ピルを服用して副作用が表れやすいかどうかは、ピルの種類と体質・体のコンディションとの相性にもよるようです。

このうち「太りやすい」ピルの副作用は、以下のような体の生理反応から起こると言われています。

①食欲が増す
ピルに含まれるプロゲストーゲン(プロゲステロン)が男性ホルモンを刺激、食欲が増すと言います。
実際、ピルを飲んだ人の中で食欲が増したことで太ったと実感する人は多いようです。

②体内の水分量が増えてむくむ
ピルに含まれるエストロゲンはナトリウム(Na)をため込みやすくするので、むくみやすくなります。
体内の生理食塩濃度の調整で、ナトリウム濃度を薄めるために多めの水分が体内に必要だと判断されるためです(浸透圧)。

浸透圧出典:研修医.con

③ 脂肪が増える
エストロゲンは太ももヒップ、二の腕などの皮下脂肪を増やす働きがあります。
エストロゲンは女性らしい体つきをつくる作用を持っており、脂肪が増えるのも女性らしさの1つと考えられるでしょう。

それではピルの服用をやめたらどうなるのか?事例を以下より2つ挙げてみましょう。

ピルをやめたら痩せられる?ずっと太り続ける?

ピルをしばらく服用後、中止してもずっと太ったままの人もいますが、多くはやめると2~3ヶ月後に元通りになると言われます。

ピル服用中は太らなかったのに、中止したら太った…この先どうなる?

ピルの副作用に挙げられる「吐き気」をもよおすと、食欲が減る場合もあるようです。

この場合ピルをやめたら吐き気の副作用も消えるので、吐き気が治まったと同時に食欲が増して体重が増える女性もいるようです。

以上ピルの副作用として挙げられる太りやすい理由と、よくあるパターンを挙げました。

実際に服用してみない事にはどんな副作用が出るのか、また個人差と体質があってはっきりしたことは言えません。当然ですが「服用してみないと誰にもわからない」のがピルの性質です。

ピルに期待できる本来の生理前ニキビへの効果

今では世界中で9000万人の女性がピルを服用しているので、安全に活用する限り決して危険な薬ではありません※。

以下生理前ニキビの治療によく処方される低用量ピルに期待できる効果を挙げています。
※低用量ピルは卵胞ホルモンンの量が50マイクログラム以下と決められているタイプ

低用量ピルに期待できるニキビへの効果

体内の1/20程度の作用を持つ低用量ホルモンで擬似的な妊娠状態をつくり出す
 ↓
排卵を抑制
 ↓
男性ホルモンが優勢な状態からホルモンバランスに調和が生まれ、皮脂の過剰分泌が抑制される
 ↓
ニキビの発生が減少

この流れで憂鬱な生理前ニキビが治ると期待できるでしょう。低用量ピルのほかの効果は生理痛の緩和、避妊などが挙げられます。

※ピルの服用は肝機能に障害がある場合またはエストロゲン由来の疾患がある場合の服用は避けましょう。必ず医師の意見を聞き、適切な処方を受けてください。

低用量ピルの種類と生理前ニキビに期待できる効果

バイエル製薬 トリキュラー

生理前ニキビの治療に処方されることが多い低用量ピルの種類と効果を簡潔にご紹介します。

  • マーベロン:皮脂の分泌を招くプロゲステロンの配合量が少なく、生理前ニキビの治療に適切
  • トリキュラー:月経周期のホルモンバランスに酷似させ、生理前ニキビを改善していく
  • オーソM:ホルモンバランスを調整することで生理前ニキビを抑制
    いずれも価格は1シート2000~3000円程度

低用量ピルは毎日1錠を必ず服用、50マイクログラム以下に配合された卵胞ホルモンを継続摂取、21錠を飲み終えると1シート目が終わり、休薬期間として7日間が過ぎたら2シート目を服用していきます。

28錠タイプの低用量ピルの場合、21錠が卵胞ホルモン配合の薬、うち7錠は偽薬となります。

ピルの飲み始めのタイミング、そして体調の変化などはメモとして残しておくといいですね。スマホのメモに残しておくだけでもOKです。

ピルの服用は記録をつける

冒頭に挙げた副作用が懸念されるほかは定容量ピルは安全に活用できる薬ですが、なお太りやすい心配が付きもの。

生理前ニキビを治すために太りやすくなるのを避けたいのであれば、ピルと比較して太るリスクを減らせる方法があります。

太るリスクを抑制、ホルモンバランスの乱れを整えてニキビを治す方法

生理前ニキビが治る見込みがあっても、ピルを服用して太るリスクを避けたい場合は、もう少し気軽に始められる方法もあります。

ピルは低用量の卵胞ホルモン(エストロゲン)を服用し、理想的なホルモンバランスを体の中で擬似的につくっていく治療薬でした。

治療の要となるのはエストロゲン様効果がある成分を摂取、ホルモンバランスの乱れが原因とされる生理前ニキビを治していける同様な効果があればいいのです。

エストロゲン様効果が期待できるホルモンバランス調整対策

下の図は、エストロゲンもどきの植物成分が体内に入った時の体の反応を表しています。

例として挙げているのがイソフラボン。

イソフラボンはご覧のとおり女性ホルモンと形が酷似しており、女性ホルモンの受容体にピタッとはまると弱い生理活性を示す事が分かっています(※)。

イソフラボンのような植物性エストロゲンの生理化活性はエストロゲンの1/100~1/1000程度と言われており、極めて穏やかな効果を発揮しながらホルモンバランスの乱れを調整します。このため急激にホルモンバランスが変わることもなければ、急に太ったなどと言ったことも避けられると考えられるのです。

先ほど「ピルよりももう少し気軽に始められる生理前ニキビ対策」とお伝えしたのは、こうした意味合いからなのでした。

それでは太るリスクを抑制しながら生理前ニキビを改善していく対策として植物性のエストロゲン様成分をご紹介していきます。

※■イソフラボンの効果についての学術研究例■
エストロゲン様効果と皮膚ヒアルロン酸生産促進作用-宮崎幸司
金沢大学 小川和宏

イソフラボン:種類次第で腸管吸収率に差が出る

大豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンバランス調整にいいとご存知の女性は多いですね。

こちらで何度かお伝えしているととおり、豆乳・豆腐など一般的な大豆加工食品の場合はイソフラボンに糖がくっついた形(グルコシド型)をしており、摂取したイソフラボンの2割程度しか腸管内で吸収されません。大き過ぎてうまく吸収されないのです。

 

糖が付いたタイプのイソフラボンは主に丸大豆の部分に多く含まれており、内閣府食品安全委員会では一日のイソフラボンの適切な摂取量は112㎎程度(お豆腐で言う300g)とされています。

腸管での吸収効率が2割程度ですと、イソフラボンを摂っている割には思うような改善効果を実感できにくいかもしれませんね。

一方大豆の胚芽に多く含まれるアグリコン型のイソフラボンは腸管での吸収が8割、女性ホルモンバランスを改善できる期待が持てます。

胚芽に含まれるアグリコン型のイソフラボンを集中的に摂取するのは難しそうなので(笑)、ここではアグリコン型のイソフラボンサプリの特許製法でつくられたイソフラボンサプリをご紹介します。

>>累計販売数153,671個!高品質イソフラボン

ラベンダーのマッサージオイル

 

ラベンダーのエッセンシャルオイルにはエストロゲン様効果があります。

花のエッセンシャルオイルにはエストロゲン様効果を持っているものが多く、女性ホルモンバランスの乱れを整えるために非常に適しているのです。言ってみれば種を覆って守っている様から、植物の花は人間で言う生殖器なんですね。

いくつかエストロゲン様効果があるアロマオイルはあるのですが、その中でラベンダーをおすすめする理由は、ホルモンバランス調整に優れた機能を持っているから。

エストロゲンが少ない場合にはエストロゲン様効果を発揮、エストロゲンが体内に過剰な場合は抗エストロゲン様効果を発揮するためです。※抗エストロゲン効果については資生堂による研究が特許を取得しています

出典:資生堂

アロマオイルは上に挙げたマッサージオイルの様に希釈された状態で、子宮を含む腹部をやさしくマッサージしましょう。

筆者自身も長年のホルモンのアンバランスで上のような対策を継続しましたが、体重が増えることはありませんでした。

ピルで太るのがちょっと心配な場合は、上の二つを試してみるのもよいのではないでしょうか。

これだけはやめよう・プエラリアミリフィカだけは生理前ニキビ対策に厳禁

消費者庁によるとプエラリアミリフィカのサプリメントで不正出血などの健康被害が290件届いているようです(2017年7月現在)。

プエラリアミリフィカにもイソフラボンの一種の成分が含まれており、女性の魅力を向上させる目的として販売されているようです。

生理前ニキビを治したい人は、プエラリアミリフィカを服用することはやめておいた方が無難です。

目的が全く別のハイリスクなサプリを飲むくらいだったら、ピルを飲んだ方が余程まともな結果が出ます。

プエラリアミリフィカに含まれるイソフラボンについては、タイの女性が活用してきた歴史があるようですが、医学的に長期にわたって服用した検証が不十分で、発がん性のリスクまで報告されています。

薬学の専門家の私から見て、正直言って「まともではないサプリの部類に入る」と思います。

ちょっと飲んだくらいでガンになったりしませんが、別な目的で飲んでいる女性に対しては「どうなってもいいと思うなら飲んでみたらどうでしょうか」と冷たい言い方をするしかないです。厳しいですが、そうしたサプリでしかないということ。

まとめ:ピルで生理前ニキビを治すのが心配だったら、植物性エストロゲンを活用

いかがでしたでしょうか。ピルの生理前ニキビへの効果と、太る可能性を含めた副作用もお伝えしてきました。

服用してみないと太るのかどうか分からない、生理前ニキビが治ったはいいけれどおかげでぽっちゃりさんになったらがっかりしてしまいます。

ピルに太る心配は付き物ですので、安全な方法として植物性エストロゲンの活用も代替案としてご紹介しました。

女性ホルモンバランスは非常にデリケートですから、即効性を求めると逆にバランスを崩しかねません。

穏やかに調子を整えて生理前ニキビを減らしていきたいものですね。

 

 

投稿日:

Copyright© オルビス クリアでニキビ改善を口コミ・圧倒的評判の真相を全解析 , 2017 AllRights Reserved.